会長挨拶

ごあいさつ

   日ごろ、PTAの活動にご理解、ご尽力をいただきありがとうございます。

  全世界を席巻したコロナ禍と共に平成2年度の県P連の活動がスタートしましたが、前例のない異例続きのものとなりました。3か月にも及ぶ休校措置を受けて、年度当初の教育活動はもちろん、PTA活動も計画通りにすすめないなかで、県P連の「定期総会」も紙上開催を余儀なくされる事態となりました。

  総会参加該当者に議案書を送付し、紙面にて承認の可否を返送していただいたところ、すべての議案について承認を得ることができ、やっと船出を迎えました。


  さて、令和1・2年度の2年間は、活動方針「家庭・学校・地域が協働して子どもを育てるPTA活動の推進 ~PTA活動の未来像を研究しよう ~ のテーマの下で、無理なく参画できる持続可能なPTA活動の在り方を模索してきています。
  そのなかでは、
・PTA活動、役員の仕事等の中身をどう広報するか
・時代に合わせて、内容は維持しつつ活動の簡素化をどう進めるか
・PTA活動への認識を、ポジティブなものにしていくにはどうしたらよいか
などの課題が共有されています。

  そしてこのコロナ禍への対応において、当たり前のように流れていた時間が止まり、空間が断たれ、「例年踏襲」が難しい状況を経験したことが、否応なしに活動の見直しを考えることにつながりました。
  この「今までのようにできないピンチ」を「新しい方法を模索するチャンス」ととらえなおし、各単位PTAにおいても大胆なアイデアやチャレンジによって、「参加しやすい、やってよかったPTA」の実現を目指していきましょう。

  本年度もよろしくお願いいたします。
 
静岡県PTA連絡協議会
会長 今釜伸也